三ツ星懐石料理  銀座『小十』

ちょうど東京ミッシェラン発表の日に予約を取ってしまいました。
店全体がお祭り気分で、なんとなく落ち着きがなかった。

画像


店名の由来は陶芸家西岡小十からで、
この掛け軸は?
やっぱり見たまんまの『○△□』でした。^^″

画像


スッポンの茶碗蒸し
上にえんがわと葛あんをかけ、美味しかったけど...
これだけは荻窪のよつ葉には勝てなかった。

画像


タラバガニのかぼすぜり添え
かぼすの酸味とタラバの甘みがいいバランスになっていた。
もう少し量があると嬉しい。

画像


鯛そうめん
下に敷いているのは普通のそうめん?
鯛から出た美味しいだし汁でお腹が温まってほっとした。

画像


お造り
鯛、槍いかと大間産本まぐろ。
鯛は多分鳴門から、槍いかは忘れました。
『鯛といかは塩で食べて』と指定されたが、
わさびと醤油で食べた本マグロはさすがに別格でした。

画像


かますの柚庵焼き 近江牛のいちぼ焼き
これがミッシェラン獲得の理由では?と推測するほど美味でした。
かますの身が厚く、味も濃厚でしたが、
いちぼと言う部分の肉がこんなに美味しいのかと
しばらく無言で食べ続けていた。
脂肪の割合、弾力、肉汁の甘みについてはパーフェクトだった。

画像


鯛の子の煮付け
鯛の子は一粒一粒大きく、噛むとぶちぶちして多分美味しかった。
前の皿の肉に押されて、印象が薄くなった。

画像


画像


土鍋ごはん
かなりゴージャスな一品
焙ったぐじとカラスミを惜しげもなく使って土鍋でごはんを炊いてくれた。
これで満腹になり、残りは玄関先で渡され、持って帰ることになった。

画像


締めくくりはただの水菓子ではない。
工夫を凝らした巨峰のぜりにレーズンのソースかけ、
ウーロン茶のアイスクリームを添えたあんみつにウーロン茶の香りの黒蜜が付いていた。
両方とも本職の甘味ところに負けない味でした。




個人的戯言:
ひとつ星のと村、小室、幸村と比較しても大差はないと思いますが、
肉料理と締めのデザートで差がついたのではないでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • くちこみブログ集(タウン): 銀座 小十(割烹/会席) by Good↑or Bad↓

    Excerpt: 「銀座 小十(割烹/会席)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿し.. Weblog: くちこみブログ集(タウン)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ racked: 2008-03-04 07:53
  • 銀座の日本料理店「銀座小十」で夕食

    Excerpt: ボルドーに行く前に、しばらく日本料理を食べることが出来ないということで、ちょっと奮発してみました。だって飛行機が落ちるかもしれない�... Weblog: 月水金 月の港ボルドー編 racked: 2008-05-16 09:49